ゆたぼんのその後

学級通信
こう
こう

お久しぶりです!サボってました!笑

「自由登校」を主張して話題になったゆたぼん君。

 

今もまだ批判の声が上がる中、彼はどうなっているのでしょうか?

 

著名人と会う

各メディアでも賛成の声

「自分の人生も幸せに思えていないような人が、小学生のゆたぼんを叩いているのは情けない」

 

ヒカキンにも認知

 

自分のやりたいことを勇気を出して発信する

ゆたぼんは自分の考えを素直に発信し、その結果多くの批判を浴びることになりました。

しかし同時に、「応援してくれる人」もたくさん現れました。

普通の小学生なら、著名人に「会いたい」と言ってもなかなか会うことはできないですし、有名YouTuberに認知されることもないでしょう。

ゆたぼんは何の実績もないまま、「学校は無理していくところじゃない!」と強く発信したことで、普通じゃ得られない体験をしています。

 

嫌なことから逃げる?

批判の中でもっとも多く目にするのは

「行きたく無いから行かないのは逃げだ!」

という意見です。

 

こう
こう

不思議な考えだね。

ポケモンに例えると

「草むらで出会ったポケモンと戦わないのは逃げだ!ちゃんと戦え!」

と言ってるのと同じです。

 

ポケモンですら、

・たたかう
・バッグ
・ポケモン
・にげる

4つも選択肢あるのに、あなたは一つしか選択できないのか?

と思います。

 

こう
こう

もしかして「たたかう」選択肢しか取れなかったんじゃないの?

学生が活動するのは学校だけじゃなくていい

「義務教育だから」学校に行かなくてはいけない。

この考えはもう古いです。

学べる場所はたくさんあります。

人と会う手段も、「学校に行くこと」以外にたくさんあります。

だから学校にいけていない人は、悩みすぎないでください。

 

【不登校YouTuber】 ゆたぼん  について元教員が語る。
こう
こう

やっぱり俺の言ってること間違ってなかったよ。(ドヤ顔)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました