世界一の富豪がやったこと

学級通信
こう
こう

お金持ちの生き方をヒントにすれば、自分もなれるかもしれないよね。

 

今地球上で最も資産を持っている人を知っていますか?

 

 

Amazon創業者ジェフ・ベゾスさんです、

ベゾス
ベゾス

こんにちは。

 

Embed from Getty Images

そんなジェフベゾスさんが、どのように生きてきたのか?を参考にしてみたいと思います。

 

超優秀

超有名高校、大学を卒業しているエリートです。

こういうエピソードは、
「昔は変人だった」とか「全く勉強できなかった」とかが期待されますが、

残念ながらそうではありません。

父はエンジニア(開発者)だったそうです。(母の再婚相手)

 

 

チャレンジ精神

大学卒業後、一流企業に勤めて・・・ということはせずに、不安定なベンチャー企業に就職します。

転機は1995年。

新型パソコンの発売をきっかけに、「これからはインターネットの時代だ」と確信し、会社を辞め、「Amazon」を創業しました。

常識にとらわれない行動力がすごいですよね。

 

本を売る

今はなんでも売っているAmazonですが、初めは「本」だけを売っていました。

理由は

・本屋には棚の限界がある→ネットショプには全ての本を置ける
・本はいくらあっても腐らない
・本の価値は落ちにくい

この見事な着眼点によって、Amazonは大きな売り上げを獲得

ここからどんどん事業を拡大していきます。

 

顧客第一主義

ジェフベゾスが大事にしたのは、とにかく顧客にとって便利なものであることです。

これを軸に今まで考えられなかったようなアイデアを次々に出していきます。

 

①ユーザーレビュー

今は当たり前ですが、当時は猛反発を受けました。

先輩
企業

もしうちの商品に低評価がついたら買ってくれなくなるだろ!

ベゾス
ベゾス

一番大事なのは、お客様の信頼です
安心して商品を買ってもらうためにも、評価は見えるようにしておいたほうがいい。

 

 

②類似商品の推奨

この商品を買ったひとはこんな商品も買っています

これです。

「お客さんが商品を探す手間をなくす」といった考えから作られました。

 

③全ランキング制

全ての商品にランキングをつけました。

人気商品をわかりやすくするためです。

そして、Amazonのランキングで1位をとれば、みんなが買ってくれる超人気商品になる

それによってみんなが注目するようになりました。

 

④中古品販売

これも猛反対を受けました。

先輩
企業

安い中古品なんか売ったら、高い新品が売れなくなってしまう。

ベゾス
ベゾス

商品を選ぶのはお客さん。それぞれの事情に合わせて買ってもらう方がいいじゃないか。

ここでも顧客第一主義を貫きました。

 

Amazonが売っているのは物ではない

Amazonが売っているのは物ではなく「便利さ」である。

ベゾス
ベゾス

様々な事情で買い物に行けない人、自分の近くに欲しいものが売ってない人、いろんな人の願いを叶えるために「便利さ」をAmazonが提供しています。

ジェフベゾスから学ぶこと

「他者貢献」「実行力」です。

いつもベースにあるのは「便利さ」を提供する顧客第一主義。

そしてどんな反発を受けようと、行動してしまう「実行力」が大切だと感じます。

 

利益が第一優先ではなく、
人のために実行することが結果的に価値を生み、人もお金も集めた。

これが世界一の富豪になった理由ではないかと考えます。

 

この先何が来るのか予想しよう

 

近い未来でいうと、5G、VRの発展、東京オリンピックなど、様々な変化が訪れます。

それを見通して、今から動き出しておけば、もしかしたらあなたも日本のジェフベゾスになれるかもしれません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました