数学でよくでてくるKの意味

授業
こう
こう

これ知らない人意外といるんじゃないかなぁ。

距離のkm、重さのkg、このk(キロ)は「1000」という意味があります。

 

こう
こう

元々はギリシャ語らしい。

 

1000m → 1km

1000m → 1×1,000(m)

となるわけです。

 

お金の場合も

1000円 → 1k  (1円×1000)
10000円 → 10k (1円×10×1000)

と言い表す場合があります。

 

「k」は10の3乗

1000=10×10×10

となるので 103 と表されることもあります。

 

例題①

65k円はいくらか?

 

答え

65×1000=65000(円)

 

例題②

42kmは何mか?

 

答え

42×1000=42000(m)

 

生徒会
生徒会

問題がシンプルに考えらえますね。

 

まとめ

 

「だから何?」

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました