お金儲けは汚い?〜中学生でも稼げる時代〜

学級通信

 

 

中学生でも稼げる時代

ブログ、転売、起業、クラウドファンディング、インフルエンサー…。

今の時代は、いろんな稼ぎ方があります。

それによって、自分のやりたいことを実現している若い人が、たくさん出てきました。

なるべく学生のうちから、こういった「自分でお金を集めてみる」経験をしておくことをお勧めします。

 

なぜか?

お金を稼ぐのって大変だからです。

大人になってこれに苦労している人はたくさんいます。
(僕も含めて)

こればっかりは、ほとんど誰も教えてくれません。

仕組みや構造はわかっているだけでは、はっきり言って無駄です。

自分で実践してみてわかることがたくさんあるからです。

 

お金稼ぎは汚い?

なんかお金の話をしていると、たまに「汚い」とか「嫌なイメージ」を持たれることがあります。

実際に中学生の8割は「お金儲けは汚い」と本気で思っているそうです。

こう
こう

びっくりするね。

実はこのイメージは、江戸時代に作られたものと言われています。

 

江戸時代の身分制度

こう
こう

徳川幕府が作った身分制度、な〜んだ?

生徒会
生徒会

士農工商ですね。

こう
こう

正解!じゃあこの中で一番お金にたくさん関わっているのは誰?

生徒会
生徒会

あ、商人ですね。

こう
こう

商人の身分はどこ?

生徒会
生徒会

この中だと一番低いですね。

こう
こう

つまりどういうことなんだろう?

生徒会
生徒会

お金を稼ごうとする人は身分が一番低い商人だから、嫌なイメージを持ちますね。

こう
こう

そう。うまく考えられている策略だよね!

士農工商 - Wikipedia

 

幕府からすれば、一番怖いのは「お金をたくさん持っている人」です。

なぜなら、お金の力は大きいからです。

例えば、たくさん武士を雇えば、幕府を倒す軍隊だって作ることができてしまいます。

つまり、金稼ぎは汚いと国民全員にイメージをつけさせれば、大きな力をもつ者がいなくなるわけです。

日本人の思い込みの起源はそこからきていると言われています。

 

お金自体に価値はない

お金は、私たちのコミュニケーションの手段でしかありません。

それをどう考えて、どう使うかは自由です。

お金稼ぎは汚いものだと一生思い込んで生活するのも自由です。

自分が本当にやりたいこと、手に入れたいものがあった時、お金の問題は必ずと言っていいほど出てきます。

本当の自由を手に入れるためにも、お金について、実践を通してたくさん勉強できるといいですね!

お金持ちになる一つの能力

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました