SNSの使い方

学級通信
こう
こう

Twitterやインスタ、YouTubeはなぜハマってしまうのでしょうか?

休みの日にゴロゴロYouTube見てたらいつの間にか夕方に。
やらなきゃいけないことあるのに、ついついインスタに気を取られて…。

なんて経験はありませんか?

 

SNSで楽しい情報がたくさんあると、人はついつい時間を忘れて夢中になってしまいます。

その結果、必要なことに手が回らなかったり、時間を無駄にした感覚になったりします。

実はこれ、脳に良くないんです。

下手をすると「鬱(うつ)」になったり、無気力になったりしてしまいます。

 

期待のホルモン・ドーパミン

脳の快感物質と呼ばれるドーパミン。

実はドーパミンって「期待のホルモン」なんです。

つまり、ドーパミンが出るのは「次に楽しみなことが待っている」状態のとき

 

これが強い依存状態を生み出します。

 

ではどうしたらいいか?

解決方法は2つです。

 

①時間を決めること

基本的なことですが、大事です。

iphoneなら「スクリーンタイム」機能で、自分がどれくらいの時間を使っているのかを通知してくれます。

使うことが問題なのではなく、夢中になりすぎていることに気づかないのがまずいんです。

時間を決めて、その時間内で全力で楽しむことをしましょう!

 

②運動をすること

運動をすることで、脳の状態が良くなります。

そして自己コントロール能力も上がるので、「誘惑に負けにくい脳」を作ることができます。

何か誘惑に負けそうになったら、とりあえず運動することを習慣にしておくと、体も鍛えられて、時間も有効に使えるようになるのでおすすめです!

 

こう
こう

便利で楽しい分、使い方に気をつけよう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました