謝罪の技術

学級通信

何かまずいことが起きてしまったときにしっかり謝罪できていますか?

あなたが本当に申し訳なく思っていても、うまく謝罪ができないと相手に気持ちが伝わりません。

ここでは一生使える謝罪の技術について紹介します。

参考:2010年エラスムス大学の研究(信頼ゲーム)
参考:2017年ビッツバーグ大学(裏切りの研究)

 

謝罪を失敗する人

「本当に悪いと思ってるの!?」

って言われる人いませんか?

回避型の性格を持っている人は謝罪がヘタクソな傾向が強いです。
(※回避型とは問題から逃げようとする性格のこと)

 

ダメな謝罪の例


①言い訳

・これには理由があって〜
・私は悪くないんです

②否認

・なんでそんなことで怒るの?
・そんな悪いことじゃないでしょ

③とぼけ

・それは思い込みだよ
・お前が間違っている

 

相手が怒っているのに対して、このような対応をすると失敗します。

 

生徒会
生徒会

ではどのように謝ったらいいのでしょうか?

こう
こう

ここでは恋愛にも応用できる技術を紹介します。

 

どう謝ったらいいか?

 

恋人対策

恋人との喧嘩があった時に、謝罪に失敗してしまう人多いんです。
実は、男女で効果的な謝り方が違います。

女性が男性に謝る場合

・スキンシップを使うのが一番効果的
→ボディタッチ

男性が女性に謝る場合

・涙を流して謝罪
→感情を相手に見せることで、許されやすい。

 

謝罪のタイミング

(カップルの討論実験より)

ある実験で、カップルの喧嘩が始まってから1分後と5分後に謝った場合、どちらが効果的かを調べました。

その結果、

喧嘩が小さい場合は5分後の謝罪

喧嘩が根深いものは1分後の謝罪

が効果的だということがわかりました。

 

理由は、

小さい喧嘩で早く謝る
→突然起きたことに対してあまり何も考えていないと思われる。

根が深い喧嘩で謝るのが遅い
→今まで散々問題になってきたことなのに、わかってないと思われる。

 

 

 

謝った後の大事なこと

多くの人は「謝る」ことで終わりにしてしまいますが、

謝った後の仲直りの方が大事です。

 

ここからは仲直りの方法です。

 

ダメな仲直りの方法

5位 認めたふりをして流す。

・「僕が悪かったよ〜」って謝る気のない方法です。
・何が悪いのか説明できないのに流すと逆効果です。

4位 最後まで戦う

・人格否定が始まり、関係が壊れやすくなります。

3位 時間で解決

・問題を解決していないのに時間に任せる。
→根本的な解決にならないので、同じようなことで喧嘩になります。

2位 理解をしたフリ

・「あなたの気持ちはよくわかる」
→何もわかってないくせにと思われてしまいます。

1位 酒で解決

・感情が爆発します。

 

良い仲直り方法

5位 原因を突き止める

・相手を否定せずに、お互いに原因を一緒に探す
「これからも関係を続けていきたいから、許せなかったところを教えて欲しい」


4位 一緒にいる時間を作る

・距離を置くのはよくありますが、関係を続けたいなら一緒にいる時間を作りましょう。

3位 自分が悪くない場合はすぐに許してあげる

・仲直りにはまず許してから、話し合う時間を作りましょう。
・結局、相手と関係を続けたいなら許すしかないです。


2位 悪いことをした瞬間に謝る

・仲直りの時間が大事なので、謝る時間を短くしましょう。


1位 自分から声をかける

・多くの人は自分から謝ろうとしません。
・SNSを更新しているなどがあると、炎上する
→私はこんなに悩んでいるのに、何で楽しんでるの?となります。

 

まとめ

相手に自分の誠意を伝えるためには、まず謝ることから始めましょう。
(でないと、相手は自分の話を聞いてくれる準備ができません)

謝るときはなるべく早く!
(以前にも同じようなことで言われている場合はなおさらです)

しかし注意すべきは、相手があまり説明していないのに謝ってしまうことです。
自分が十分に理解した後に謝りましょう。

そして謝るだけで終わってはいけません。

必ず「仲直りの時間」を作りましょう。

方法は5つ。

特に「自分から声をかける」ことをやりましょう。

自分が素直に心をひらけば相手もきっと受け入れてくれるはずです。

 

こう
こう

いい人間関係作りましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました