忘れ物を減らすには

学級通信

いつも忘れ物が多い…
大事な時にいつも忘れ物をしてしまう…。

実は僕もその一人です。

 

そんな人に向けて「忘れ物を減らす方法」をお伝えします!

 

忘れ物が多い人のチェックリスト

✅過去1週間以内に忘れ物をした経験がある

✅部屋が散らかっている

✅待ち合わせギリギリに行く

✅何かしているときについつい他のことを考える

✅朝はいつもあわただしい

 

 

原因① 時間が無い

忘れ物した時のことをよく思い出してみましょう。

大抵の場合「急いでいたから」忘れることが多いんです。

なぜなら「時間が無い」という感覚が人の脳を混乱させ、判断能力が落ちてしまうからです。

つまり時間の余裕をもつことが大事です。

 

②先延ばし

あとで用意すればいいや…と思って家を出る前に、結局探し物が見つからない。なんてことありませんか?

実はこれ、先延ばしが原因なんです。

人は、未来の自分に任せる癖があります。

先延ばしすることで、問題を山積みにしてしまい結局手に付かない。なんてことがよくあります。

 

 

解決法

①物の定位置を決めておく

家に帰った時、ものを戻す位置を決めておきましょう。

例えば、家の鍵は必ずバックの中、時計はこの箱、などいつも同じ場所にすることで、脳のエネルギーが節約できます。

これをすると忘れ物が減るだけでなく、部屋も散らかりにくくなるのでオススメです。

 

②必要なものセットを作る

「とりあえずこのセットがあれば安心」するものを常に一緒にしておきましょう。

小さいバックや小物入れにまとめておきましょう。

忘れ物する人にありがちなのは、バックや入れ物が変わった時に忘れ物するパターンです。

なので、セットをスムーズにしまえるようにしておきましょう。

 

③時間の余裕を作り出す

忘れ物をする人は、朝あわただしい傾向があります。

そのためには、基本ですが、夜寝る前に準備する習慣を作ることです。

「なかなかそれができないから困ってる…」という人もいるかもしれませんね。

でもこれをしない限り、忘れ癖は絶対に治りません。

毎日あわただしい朝を過ごすか、時間に余裕を持って優雅に朝を過ごすか、どちらを選びますか?

 

まとめ

まずは周辺の環境整理から始めましょう!

どうしていいかわからない人は片付けの本がオススメです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました