やる気が出ないを解決する方法

学級通信

なんとなくやる気が出ない時はやる気スイッチを入れることが大切です!

そのための方法を今日は3つ書きます。

 

1 血流をよくする

集中力を上げるには血流をよくして、脳に血液をたくさん送ることが大切です。

30秒のダッシュや、バービー、散歩でもいいので、とにかくふくらはぎを動かして脳に血液を送りましょう。

また、姿勢を良くしましょう。
スマホを触ると疲れると言われていますが、画面をみる姿勢も影響しています。

姿勢を良くして、血流を良くしましょう!

仕事や勉強の集中が切れた時もこの方法はおすすめです。

 

2 友達との関わりを考える

人はコミュニケーションを連想させるものに惹かれる傾向があります。

例えば、ジムの入会の実験で、

・「お金がもらえる」
・「友達がいる」

のでは、お金がもらえるグループは2倍、友達がいるグループは3倍になったそうです。

つまり、人との関わりがある方が、人は行動できます。

なので、無気力な時は友達に頼ったり、人との関わりを想像することで、行動力が上がります。

 

3 場所や服装を変える

人の集中力や行動力は、服装にも影響を受けています

部活の時にユニフォームに着替えると、なんとなくやる気が出ることありませんか?

自分が集中して作業できる場所に行ったり、なんとなくやる気がでる服装に着替えると、人はクリエイティブになります。

 

なので、家で何もやる気が出ない時は、部屋着からまず着替えることをおすすめします。

 

1日を無駄にするとモチベーションが下がる

人は時間を無駄にすると、やる気が落ちます。

今日1日を無駄にしないためにも、無気力状態を脱出して行動しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました