病まずに楽しくなる SNSの使い方

学級通信
こう
こう

SNSで病んじゃう人結構いるらしいです。

みるだけの人はまずい

SNSを使うときに、「みる専用」はおすすめしません。

なぜなら、結果的に脳への悪影響があるからです。

他の人の投稿を観ることで、脳のドーパミン(快感物質)量が一時的に上がりますが、その後下がったときに、またSNSを観たくなります。

この状態はスマホ依存やSNS依存に繋がりやすくなります。

さらに、観ているだけの人は、投稿している人よりも、ストレスレベルが高いことが証明されています。

どうせやるなら、自分で投稿をしながら続けるのをおすすめします。

 

 

人と比べてはいけない

フォロワーの数やいいねの数を人と比べてしまうと、病みやすいです。

人と比べてしまうと、自信を無くしたり、ストレスの原因にもなります。

人と比べた結果、嫉妬して攻撃的になる人もいます。

楽しく続けるためには、人と比べないことが大切です。

 

習得型でSNSを使おう!

習得型とは、
・自分がSNSを通してどんな成長ができたのか?
・過去の自分と比べてどう変わったか?
を考えることです。

例えば、
・友達や人との繋がりが増えた
・楽しい写真がたくさん溜まった
などです。

要するに自己満足でSNSを使うと、楽しく続けられやすいということです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました