勉強しても忘れなくなる方法〜分散学習〜

学校生活攻略

せっかく時間をかけて勉強したのに忘れてしまう…そんな経験ありませんか?

実は、1回の勉強を無駄にしない方法があるんです。

今回は分散学習について紹介します。

 

人は思い出すときに記憶を定着させる

 

勉強において効果があるのは「思い出すこと」です。

テストの時に
「あぁ〜ここ何だったっけな〜」と思い出そうとしますよね?

その思い出そうとすることが、勉強の効果を高めます。

つまり、「思い出す」のを学習方法に取り入れることが大切なんです。

 

分散学習とは?

分散学習とは「復習の間隔を少しずつ伸ばす」テクニックのことです。

なぜ復習が大事かというと、脳は使わない知識を忘れるようにできているからです。

つまり復習のタイミングさえ間違えなければ、脳は「使う知識」として記憶を定着させてくれます。

 

方法は2つあります。

もっと気軽に取り組みたい場合

 

かなり長期的に重要な学習は、上のバージョン、定期テストに向けて学習をする場合は2×2verをお勧めします。

 

具体的に何したらいいの?

 

お勧めは、復習のためのテストを自分で作っておくことです。

これについて細かい説明はYouTubeでしてます!
下に貼っておくので、よかったらみてください。

 

みなさんの勉強がはかどると嬉しいです!

 

4.効果的なノートの使い方

コメント

タイトルとURLをコピーしました