大学行くのに500万の借金は必要か?

学級通信
こう
こう

過去の質問箱から回答します。

政-ほすせん。の質問箱です
質問・回答はこちら

 

大学行くのに500万の借金は必要か?

まず500万は何に必要かというと「学費」です。
(大学に4年間通うには年間約120万かかる)
ぼくは奨学金で500万ほど借りて大学に行きました。

結論からいうと

ぼくの考えは、「必要な人もいればそうでない人もいる」です。

そして現時点では自分の選択は「失敗だった」と考えています。

 

大学に行ってできたこと

ぼくが500万の借金をしてできたことは、

・勉強
・教員免許取得
・野球
・ダンス
・バイト
・遊び

です。

この中で唯一、大学でしか得られなかったものは「教員免許取得」です。

それ以外は、別に大学に行かなくても得られるものでした。

 

投資という観点から考えると

大損です。なぜなら500万という投資をして、得られたリターンがプラスになっていないからです。

年間120万の投資を4年間続けられるなら、もっと他のことに使います。

 

高校3年生に自分にアドバイスするとしたら

Youtubeやれ。って言います。

パソコンと機材とソフトで20万、それ以外の100万は活動費にして真剣にYoutubeやらせます。

そのほうが得られる経験が多く、ビジネスの勉強もリアルにできます。

 

大学は後からでも入れる

大学行きたいと思った時に、後からいくらでもやり直しできます。

でも、18歳〜22歳で自分のビジネスで稼ぐ経験をする人は少ないです。

誰もやらないからこそ、チャンスなんだと今の学生には考えてほしいです。

 

手段と目的

ぼくは教員免許を取る「目的」のために大学にいく「手段」(500万の借金)を選びました。

目的に対して手段はたくさんあります。

例えば、「先生になりたい」と思ったら、自分でクラスを作ってしまえばいいんです。

自分の目的に対して、「大学に行く」という手段が正しいかどうかを考えましょう。

 

「今の段階では」失敗

失敗は立ち止まった時点で失敗になります。

しかし、ぼくのこの失敗談やアドバイスを聞いて、もう一度よく考え直そう!という人が1人でもいれば、それは誰かのいい経験となります。

この先ぼくが、この経験を生かして、さらに活躍することができれば、500万の借金もエピソードとして語ることができます。

なのでこれから、自分の選択は正しかったと言えるように頑張らなくてはいけません。

 

自分が今好きなことに夢中になる

自分が今好きなことに熱中してください。

そしてそれを使って「人にどう喜んでもらえるか」を考えましょう。

それを仕事につなげてください。

学生の時間はとても貴重な時間です。

他の人と同じことをなんとなくするんじゃなくて、発想を自由にとにかく挑戦してみてください!

 

 

 

奨学金の人
奨学金の人

これからもお願いしますね。

こう
こう

ん〜気が向いたらね〜

 

奨学金 〜借りるべきか?〜

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました