ネガティブな情報や陰口がヤバイ理由

学校生活攻略

朝のニュース番組などで、なんとなく事件や事故を見てしまうことありませんか?

実はそれ、ヤバイんです。

今回はその理由を書きます。

 

受動ストレス

受動ストレスの実験

実験:アメリカの肥満女性に「太っている女子のダメな所」の文章を読ませた。

結果→その後、お菓子などの誘惑に87%の人が負けてしまった。

なぜか?→  ネガティブな文章を読んだことで受動ストレスを受けていたから。

 

ストレスの影響

・目の前の誘惑に弱くなる
・メンタルが病む
・脳にダメージを与える

 

ストレスが影響を与えている例

①タバコ

untitled

タバコのパッケージに「ガンになります」というメッセージを書くことで、吸う人がストレスを受けて、さらに吸うようになっています。

結果、売上が伸びてたくさん売れます。

 

②テレビ

テレビでネガティブなニュースを流せば、ストレスを与えることができます。

その間にCMを挟むことで、誘惑に負けやすくなった視聴者が、広告を見て買いたくなってしまいます

これが、ネガティブなニュースを見てはいけない理由です。

 

周りにネガティブな人がいるとヤバイ

人間関係も一緒です。

ネガティブな人と一緒にいると悪い影響を受けまくります。

・思考能力が低下する
・姿勢が悪くなったり、声のトーンも下がる
・嫌な人になりやすくなる

ネガティブな人は避けましょう。

対策は、2分以上一緒にいないことです。

 

こう
こう

君、ネガティブすぎてヤバイからバイバイ!

ネガティブな人はどのくらい影響を与えるのか?

実は、ポジティブな人の7倍影響を与えます。

SNSでいうと、1件のネガティブ投稿に対して、7件の幸せ投稿がないと消えないくらいのレベルです。

なので、ネガティブな人や情報はヤバイんです。

全力で避けてください。

 

じゃあ、どうするか?

全力でネガティブを避けていて、どうしてもネガティブ情報に触れた場合の対策。

①なぜこの人はこんな事を言うんだろう?と視点を変える
②自分がこの情報から学ぶことは何か?を考える

これ以外にも、あります。

それについてはYOUTUBREで投稿しようかと考えています。

 

まとめ

・ネガティブに触れるとストレスで頭悪くなる
・ネガティブな人は全力で避けよう
・捉え方を変えよう

 

こう
こう

アンチバイバイ!

ポジティブに行こうぜ!!!

 

動画追加しました!

2ネガティブな人がやばい理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました