コンプレックスを武器にしよう

学校生活攻略

みんな自分のコンプレックスありますか?

実はコンプレックスってすごく大事なんです。

コンプレックスを武器にする方法を2つ紹介します。

その前に…

こう
こう

ぼくの過去の話をしよう。

こうが抱えたコンプレックス

①低身長(現在進行中)

いや〜めちゃめちゃ言われます。流石にもう慣れましたけどね!
ちなみに166cmあります。

②歯並び(矯正中)

これはかなりコンプレックスでした。

正直歯を見せるのが嫌でしたね。やっぱりバカにしてくる人もいました。
↓こんなんでした。

一番心に残ったのは、「東京ドームのドア」でした。

あの入り口でクルクル〜って周りながら、入場するやつ。

高校生のぼく
高校生のぼく

結構傷ついたな〜。。。

 

コンプレックスを武器にする方法

コンプレックスは良い面もあります。それを武器にしていきましょう。

①優しくなれる

例えば、ぼくは身長が低いので、身長を気にしている人の心の痛みがわかります。

身長なんて気にしなくていいんだよ。って本気で思えます。

その気持ちを言葉にするだけで、誰かが安心してくれるはずです。

こう
こう

レディは身長じゃないさ。どんな身長だっていいじゃない。さぁ、おいで。

奨学金の人
高身長女子

お断りします。

コンプレックスは優しさ変わります。

 

 

②頑張るエネルギーにする

コンプレックスって「今すぐ変えられない」から嫌なんですよね。

だったら、「今自分が変えられるものは何か」を考えなくてはいけません。

ぼくは歯並びが原因で嫌われるのが嫌だったので、「部活を頑張る」とか「勉強を頑張る」とか、今「自分が変えられるもの」を努力しました。

コンプレックスの悔しさは、頑張るエネルギーに変わります。

 

事実を受け入れて、自分には何ができるか?

例えば、「顔が良くないからモテない」という事実は変えられません。

「歯並びをバカにされる」という事実もあまり変えられません。

でも自分を磨くことはできます。それによって未来を変えることもできます。

コンプレックスという事実を受け入れて、優しさとエネルギーを武器にして、自分を磨こう!

 

こう
こう

未来型思考でいこうぜ!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました